天然石パワーストーンの持つ意味や効果をご紹介しています。

銀座東道 天然石・パワーストーン意味辞典

パワーストーン辞典 > 名前から調べる > ラ行 > アンバー






アンバー(琥珀)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンバー(琥珀)

英名 Amber
和名 琥珀 (こはく)
主な産地 アメリカ、リトアニアなど
成分 C10H16O + H2S
結晶系 非晶系
モース硬度 2~2.5
比重 1.05~1.10
オレンジ、イエロー。グリーン、ブルー、レッドなど

アンバーの意味・効果

アンバー(琥珀)は化石の一種で、天然の樹液が化石化したものです。 実際は鉱物ではありませんが鉱物と同程度の硬度があり、古くから宝石として扱われているためこの項目では「石」と表記させていただいております。

和名では、「琥珀(こはく)」と書きますが、中国では、古くは「虎魄」と書き、その色合いと美しさから虎の魂が石となったものと信じられていました。 虎に関連する天然石といえばタイガーアイですが、金運で有名なタイガーアイと同じくアンバーも金運の石とされています。

アンバーは元々は樹木の一部ですので、樹木のように二酸化炭素(不要なエネルギー)を吸収し、酸素(必要なエネルギー)を作ってくれます。
病気や怪我、季節の変わり目等による不快感をとりさってくれるといわれています。

また、森林で深呼吸するように、緊張をほぐしリラックスさせてくれる効果ももっています。あがり症や円滑な人間関係の形成に役立ちますので人前に立つ際、自信をもって前向きな考えにしてくれるため受験・勝負のお守り、また余計な力を抜いてくれますので出産時のお守りとしても有名です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンバーのヒーリング効果

アンバーはその柔らかいカラーの通り、明るさを表す石です。
また同時に3000万年以上もの長い時間をかけて化石化した経緯から、落ち着きを持つ石でもありますので、心身のエネルギーのバランスを整える効果があります。ストレスを癒し前向きに生きる気持ちを生み出してくれるでしょう。

強いエネルギーをもっている石ではありませんが、不要なエネルギーや悪いエネルギーを排出することでバランスを整え、必要最低限のエネルギーで最大の結果を残す助けをしてくれます。

アンバーの主要産地

アメリカ、リトアニア、ポモージェ、東プロイセンなどから産出します。

アンバーは主に、「ピット・アンバー(山琥珀)」と「シー・アンバー(海琥珀)」の大きく二つに分けられます。

アンバーは、樹木と共に地層に埋もれて化石となります。それが地上で産出されたら「ピット・アンバー(山琥珀)」と呼ばれます。何らかの理由で地層で形成されたアンバーが海に流れ出す場合があり、そこで産出されたものが「シー・アンバー(海琥珀)」と呼ばれます。アンバーは非常に軽いため、海水に浮いて流され岸辺に打ち上げられます。バルト海沿岸で採れる「バルチック・アンバー」は、シーアンバーの代表的な存在です。


浄化方法・お手入れについて

元々は樹液(液体)ですので硬度が低く非常に柔らかい石です。
衝撃に弱く傷がつきやすいため、取り扱いには注意が必要です。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水
×


色・品質

色彩は、オレンジ、イエロー。
またグリーン、ブルー、レッドなどもあります。


▼グリーンアンバー




▼ブルーアンバー


銀座東道天然石専門店のおすすめ商品

おすすめストア


  • 銀座東道天然石専門店【本店】

  • 銀座東道天然石専門店【Yahoo!ショッピング店】

  • 銀座東道天然石専門店【ヤフオク!店】

ショールームのご案内





  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アンバーのアイテム









アンバーのアイテム

© 2014 - 銀座東道 天然石・パワーストーン意味辞典 - All Rights Reserved