天然石パワーストーンの持つ意味や効果をご紹介しています。

銀座東道 天然石・パワーストーン意味辞典

パワーストーン辞典 > 名前別で調べる > ア行 > アクアマリン






アクアマリン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクアマリン

英名 aquamarine
和名 藍柱石・藍玉
主な産地 ブラジル
成分 Al2Be3[Si6O18]
結晶系 六方晶系
モース硬度 7.5~8
比重 2.63~2.83
明青色・青色・青緑色

アクアマリンの意味・効果

3月の誕生石として有名なアクアマリンは、名前の通り海を象徴するパワーストーンです。
古くから航海の安全や大漁のお守りとされ、船旅をはじめとした旅行全般の安全のお守りとしても重宝されています。
アクアマリンは夜の光(月の光)で一際輝くことから、暗い夜の海を照らし、持ち主を導いたと言われています。

別名『天使の石』とも呼ばれているアクアマリンは、天使のように清純で、若さ・美しさ・幸せ・喜びを表します。
「天使」の名の通り、幸せな結婚・子宝に恵まれるパワーストーンとしても人気で、結婚祝いのプレゼントとしても有名です。
アクアマリンのブルーは「サムシングブルー(結婚式の際に花嫁が何か青いものを身に付けると幸せになれるというおまじない)」にもぴったりですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクアマリンのヒーリング効果

海のようなさわやかな透き通ったブルーで、清純なエネルギーを持ち ヒーリングのパワーも高い天然石です。 アクアマリンのヒーリングパワーは持ち主を疲れから癒すだけでなく、周囲にも癒しをもたらし、コミュニケーションを円滑にすると言われています。
人がたくさん集まるオフィスやリビング等に飾ったり、初対面の方と会う際にアクセサリーを身に付けてみても良いかも知れませんね。
人と意見があわない時、喧嘩をしてしまった際にも、仲直りをするきっかけや勇気を与えてくれるとされています。

アクアマリンの主要産地

アクアマリンの主な採掘地はブラジルです。

その他、アフガニスタン、インドやナイジェリア、ザンビア、モザンビーク、マダガスカル等でも採掘されています。

浄化方法・お手入れについて

アクアマリンは硬度が高く傷もつきにくいため、流水・浴水での浄化にも適しています。
アクアマリンは暗い場所・月明かりで美しく輝きますので、月光での浄化もおすすめです。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水


色・品質

海のような明青色・青色・青緑色です。
アクアマリンはベリルという鉱物の一種で、エメラルドやモルガナイトと同じグループです。ベリルそのものは無色の鉱石ですが、微量な元素により色がかわり、それぞれが別の名前を持っています。
グリーンのエメラルド、ピンクのモルガナイト、イエローのヘリオドール、赤いレッドベリル、そしてブルーのアクアマリン等があります。
かわいいパステルカラーでどれも人気が高く、また硬度が高く加工がしやすいため、アクセサリーや置物などさまざまな用途で使われています。


銀座東道天然石専門店のおすすめ商品

おすすめストア


  • 銀座東道天然石専門店【本店】

  • 銀座東道天然石専門店【Yahoo!ショッピング店】

  • 銀座東道天然石専門店【ヤフオク!店】

ショールームのご案内





  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アクアマリンのアイテム







アクアマリンのアイテム

© 2014 - 銀座東道 天然石・パワーストーン意味辞典 - All Rights Reserved