天然石パワーストーンの持つ意味や効果をご紹介しています。

銀座東道 天然石・パワーストーン意味辞典

パワーストーン辞典 > 名前から調べる > カ行 > ガーネット






ガーネット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガーネット

英名 garnet
和名 柘榴石
主な産地 インド、ブラジル、スリランカ、タンザニア、マダガスカル
成分 Fe2+3Al2(SiO4)3
結晶系 等軸晶系
モース硬度 7.5
比重 3.95~4.25
赤褐色 レッドオレンジ 濃緑色、等

ガーネットの意味・効果

1月の誕生石として非常に根強い人気を持つガーネット。古来より『信頼と友愛の石』として伝えられてきており、ヨーロッパでは友人との別れの際、再会の約束としてガーネットを交換したとも言われています。

また、これからも変わらぬ愛の証として、結婚18周年の記念石にもなっています。

ガーネットは、名前の由来が種子からなのか、『実りの象徴』とされています。諦めず、目標に向かい、積み上げてきた努力の成果を実らせ、成功へと導いてくれると言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガーネットのヒーリング効果

ガーネットは、様々な色がありますが、得に『赤』のイメージが強く、赤は血液を象徴します。

血液は強さ、刺激、成功、豊穣、暖かさなどあらゆる形をとって常に活力を象徴してきました。

ガーネットはそうした体内の活力を増進させます。

また、血液の流れをスムーズにし、体内の老廃物を排出し、体内を浄化する効果があるとも言われております。冷え性、むくみ等にお困りの方にも効果絶大です。

ガーネットの主要産地

スリランカ、タンザニア、インド、ブラジル、マダガスカルなどから産出します。

 

アルマンディンの多くがインド産とされています。

浄化方法・お手入れについて

セージや、クラスター、月光浴による浄化がおすすめです。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水


色・品質

ガーネットと言えば、『赤』を連想するかと思われますが、実は多数の色があり、青以外の色が全てあると言われています。赤、黄、緑と40種類以上のカラーバリエーションがあります。

 

色の違いが出てくる理由としては、含まれる成分によるものからです。


▼ガーネット




▼イエローガーネット


銀座東道天然石専門店のおすすめ商品

おすすめストア


  • 銀座東道天然石専門店【本店】

  • 銀座東道天然石専門店【Yahoo!ショッピング店】

  • 銀座東道天然石専門店【ヤフオク!店】

ショールームのご案内





  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ラリマーのアイテム









ガーネットのアイテム

© 2014 - 銀座東道 天然石・パワーストーン意味辞典 - All Rights Reserved