天然石パワーストーンの持つ意味や効果をご紹介しています。

銀座東道 天然石・パワーストーン意味辞典

パワーストーン辞典 > 名前から調べる > ●行 > 石の名前






石の名前

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石の名前

英名 ●●●
和名 ●●●
主な産地 ●●●
成分 ●●●
結晶系 ●●●
モース硬度 ●●●
比重 ●●●
●●●

石の名前の意味・効果

カリブ海の空と雲のような綺麗な空色の「愛と平和」の石です。 その穏やかな波のような模様や色合いで、最近では有名人も愛用するくらいの人気を博しています。
唯一ドミニカ共和国のみで産出される世界三大ヒーリングストーンの一つです。

「ラリマー」という名前がすっかり定着しているこの石ですが、正式な鉱物名は「ブルーペクトライト」。ペクトライトには白・黄・緑・青・ピンクなど様々な 色がありますが、中でも特に青色の鮮やかな石だけをラリマーと呼びます。ドミニカ共和国でのみ産出されるため希少性が高く、専門の取扱業者の間で取引され ることもあって大変高価です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石の名前|効果

ラリマーは優しい外見のように、持ち主を癒し愛と調和へ導くとされています。 心の古傷やトラウマを癒し、自分の心を重くするものや観念から解き放ってくれるとされています。それにより心に安定と平和をもたらし、自由にのびのびと卑屈になることなく豊かな表現力を与えてくれるそうです。

また怒りや闘争心も癒しのヴェールで包み込み静めてくれるとされていますので、人間関係の調和や平和的で愛と信頼が溢れる関係をもたらしてくれるとされています。 ストレスが溜まりどうも良好な人間関係が築けないという方にはお勧めしたい石です。

芸術性や感性、創造性を高め、より高い次元へと導いてくれるとされていることからも、アーティストやスピリチュアル方面で活躍する人達に需要が高いのも頷けます。また変化を迎える際、例えば新しいことにチャレンジする時には、不安を和らげアイデアやチャンスを与えてくれるとされています。

ポジティブでリラックスした生きる力を与えるとされていますので、進学や就職、人生の転機に、老若男女問わずに持っていたい石です。

石の名前の主要産地

産地産地

浄化方法・お手入れについて

セージや、クラスター、月光浴による浄化がおすすめです。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水


色・品質

無色、白色、灰色、青色、ピンク色、淡黄色などがあります。
最近では白っぽいラリマーを「ホワイトラリマー」や「アイスラリマー」と呼ばれることがあります。
原産国のドミニカ共和国が青く品質の高いブルーペクトライトのラリマーの輸出を控えているため、
市場価格が上昇している傾向にあります。
近頃では中国の市場においてもラリマーを見かけることが少なくなり、日本での市場の高騰にも大きく影響を及ぼしています。


▼ラリマー(ブルーペクトライト)




▼ホワイトラリマー


銀座東道天然石専門店のおすすめ商品

おすすめストア


  • 銀座東道天然石専門店【本店】

  • 銀座東道天然石専門店【Yahoo!ショッピング店】

  • 銀座東道天然石専門店【ヤフオク!店】

ショールームのご案内





  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ラリマーのアイテム









ラリマーのアイテム

© 2014 - 銀座東道 天然石・パワーストーン意味辞典 - All Rights Reserved