天然石パワーストーンの持つ意味や効果をご紹介しています。

銀座東道 天然石・パワーストーン意味辞典

パワーストーン辞典 > 名前から調べる > タ行 > チャロアイト






チャロアイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャロアイト

英名 Charoite
和名 チャロ石
主な産地 ロシア
成分 (K,Na)5(Ca,Ba,Sr)8[(OH,F) | Si6O16 | (Si6O15)2]・nH2O
結晶系 単斜晶系(繊維状)
モース硬度 5~5.5
比重 2.54~2.68
紫色、白色、黒色

チャロアイトの意味・効果

紫色のマーブル模様が特徴的なチャロアイトは、ヒーリングのパワーが非常に強い石で、 ラリマー・スギライトとあわせて、世界三大ヒーリングストーンとされています。

癒し・浄化の全般的なパワーをもっていますが、特に精神的な癒し・悪いエネルギーを浄化するパワーが特に強いとされています。
強迫観念や恐怖心・不安を鎮め、穏やかな気持ちを生み出してくれます。
マイナスのエネルギーを浄化し、持ち主を守ってくれますので、精神的な不調だけでなく、身体的な病気からも回復させてくれます。

チャロアイトは紫色・ヒーリングパワーが強い石として、スギライトと非常に似ている石です。スギライトの淡い色のものとはパワーも非常に似ているとされています。
スギライトと異なっている点は、独特の油絵のようなマーブルの模様です。
この模様はチャロアイトに、他の鉱物(マイクロクリン、エジリン、ティクナクサイト等)が混ざり合っていることで出来ています。
このことから、調和を生み順応性が高い石と言われています。
人間関係を円滑にし、周囲から信頼を得るエネルギーがあると言われています。

また危険を事前に避けるパワーがあり、危機回避のお守りとされています。
チャロアイトという名前はロシア(シベリア)のチャロ川という場所で発見された事から名付けられました。
1949年頃に発見され、彫刻用の石材として採掘されていました。しかしその当時はチャロアイトは角閃石の一種だと考えられており、正式な名前も与えられていませんでした。
後に1978年に鉱物学者ベーラ・ロゴワ女史により「チャロアイト」という鉱物として認められました。これは彼女の長い研究の成果によるものです。
また、名前の由来はもうひとつあり、ロシア語の「Charo(チャロ)」という言葉が元となっているという説です。「Charo(チャロ)」とは「魅惑」という意味で、チャロアイトの神秘的なマーブル模様から名付けられたとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャロアイト|効果

チャロアイトは心を癒す石として有名ですが、心を癒し正常な状態にすることは、身体の正常な働きにも繋がります。
「病は気から」という言葉がありますが、心が疲れている状態では、体の健康も損なわれていってしまいます。
心を健康に保ち生き生きとしていると、血行もよくなり体も生き生きとしてきます。

また、正常で穏やかな心をつくることで、人徳も高まり、直感や洞察力も鋭くなりますので たくさんの方と接する職業やクリエイティブな職業の方にもおすすめです。

チャロアイトの主要産地

ロシアから産出します。
現在、ロシア連のムルンという採掘地でのみ産出されています。産出地がひとつのため非常に希少な鉱物です。

浄化方法・お手入れについて

クラスターやセージでの浄化だけでなく、太陽光や流水による浄化もオススメです。
全ての浄化方法に適した扱いやすい石です。

クラスター セージ 太陽光 月光 浴水


色・品質

主に紫色で、白色、黒色が混じりあったマーブル模様をしています。
色の濃さは様々ですが、淡いカラーのものが特に癒しの効果が強いといわれています。

銀座東道天然石専門店のおすすめ商品

おすすめストア


  • 銀座東道天然石専門店【本店】

  • 銀座東道天然石専門店【Yahoo!ショッピング店】

  • 銀座東道天然石専門店【ヤフオク!店】

ショールームのご案内





  • このエントリーをはてなブックマークに追加


チャロアイトのアイテム









チャロアイトのアイテム

© 2014 - 銀座東道 天然石・パワーストーン意味辞典 - All Rights Reserved